会社設立(株式会社・合同会社)・創業支援(創業融資・契約書作成など)、許認可申請、相続・遺言・任意後見契約など。

入管ビザ・帰化申請、会社設立・創業支援、許認可申請、
相続・遺言・任意後見契約
ど、

アミティエ行政書士事務所
東京会社設立・創業サポート室

〒167-0054  東京都杉並区松庵3-35-23


受付時間:9:30~17:00(土日祝を除く)

※時間外・土日祝も可能な限り対応します。
 お気軽にご連絡ください。

『アミティエ』とはフランス語で『友情』の意味を表します。

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

03-6794-9462

古物商許可申請

こちらでは、古物商許可申請について説明させていただきます。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。

古物とは

古物とは、以下の3つとされています。

なお、実際は一度も使用されていない物であっても、いったん人の手に渡った場合は全て古物とされます
例えば、まだ封を開けていないものであっても、法律上は古物とされてしまいます。

  1. 一度使用された物品
  2. 未使用の物品で使用のために取引されたもの(新古品)
  3. これらいずれかの物品に「幾分の手入れ」をしたもの

また、古銭、趣味で収集された切手やテレホンカード類は、その物本来の使用目的に従って取引されたものではないため、「古物」には該当しません。庭石、石灯籠、空き箱、空き缶類、金属原材料、被覆いのない古銅線類、「古物」には該当しません。

 

古物商とは

「古物」を取り扱う営業のことを「古物営業」とよびますが、この「古物営業」は次の3つに分類されます。

1号営業(古物商)

古物の「売買」、「交換」、「委託を受けて売買」、「委託を受けて交換」を行う営業
(古着屋、古本屋、中古ゲーム・CDショップ、中古家具屋等)

2号営業(古物市場主)

古物商間の古物の売買、または、交換のための市場(古物市場)を経営する営業

3号営業(古物競りあっせん業)

古物の売買をしようとする者のあっせんをインターネット上で競りの方法により行う営業
(インターネットオークション)

 

新規に古物商許可申請をする上での注意点

個人として古物商を営んでいる方が、会社組織に変更(法人化)をしようとする場合、個人の許可を返納することを条件に会社の許可申請を行うことになります。つまり、再度の審査期間や手数料を含め手間や費用に無駄が生じてしまいます。

これに対して、最初から会社を設立する場合は、古物商の許可に限っては「法人化の際に取り直しが不要となる」のメリットがあります。

古物商の許可申請をする場合は、個人にするのか法人にするかは、このようなことも考えて判断することが大切です。

 

会社設立から古物商許可までのかかる費用

当事務所では、お客さまがご希望の内容に応じて、古物商の許可が取得できるよう、全力でサポートします。

どうぞ、お気軽にご相談ください。

サービス料金

基本料金表(税込み)
サービス内容サービス料金

古物商許可申請(新規)個人

45、000円

古物商許可申請(新規)法人50、000円

その他、古物商許可法定手数料として、19,000円が発生します。また、申請に必要な公的書類の取得費用は、ご負担をお願いします。

 

ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

よろしければ、こちらもご覧ください

会社設立の基礎

   法人と個人の比較

   会社の種類と特徴

  定款の認証とは

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

03-6794-9462

受付時間:9:30〜17:00
時間外・土日祝も可能な限り対応します

 お問合せはこちら

 お問合せはお気軽に

03-6794-9462

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

  運営事務所紹介

お問合せやご相談がございましたら、お気軽にお電話ください。メールでも受け付けております。

アミティエ行政書士事務所

03-6794-9462

〒167-0054
東京都杉並区松庵3-35-23

(業務エリア)
東京都内(新宿区・杉並区・中野区・渋谷区・品川区・港区等)・神奈川県・千葉県・埼玉県・全国対応可