会社設立(株式会社・合同会社)・創業支援(創業融資・契約書作成など)、許認可申請、相続・遺言・任意後見契約など。

入管ビザ・帰化申請、会社設立・創業支援、許認可申請、
相続・遺言・任意後見契約
ど、

アミティエ行政書士事務所
東京会社設立・創業サポート室

〒167-0054  東京都杉並区松庵3-35-23


受付時間:9:30~17:00(土日祝を除く)

※時間外・土日祝も可能な限り対応します。
 お気軽にご連絡ください。

『アミティエ』とはフランス語で『友情』の意味を表します。

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

03-6794-9462

相続人の調査

こちらでは、相続人の調査について説明させていただきます。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。

相続人の調査

遺言書がある場合には、遺言の内容に従って相続手続きを進めるのが基本ですが、遺言書がない場合は、『相続人はだれか』を調べ無ければなりません。

  相続人を調査するには、亡くなった方(被相続人)の出生から死亡までの全部の戸籍を取寄せ、被相続人の法定相続人が誰であるのかを調べます。

  多くの方は、『相続人が誰なのかわかっているけどそれを証明するために戸籍を取り寄せるのだな』と思われていることでしょう。

  しかし、そのことは間違っていませんが、それ以外にも、 前妻との間にも子どもがいないか、養子はいないか、過去に付き合っていた女性との間に認知していた子どもがいないか、なども確認をしなければなりません。

  遺言書があれば、相続人の調査をしなくても相続の手続きを行うことができる場合もありますが、金融機関では原則として被相続人の出生から死亡までの戸籍と、相続人の最新の戸籍(現在の戸籍)が必要書類となっているため、遺言書があった場合でも相続人調査(戸籍の取寄せ)を求められることがあります。

  また、確認できなかった相続人がいた場合、後になって 遺留分 を請求されたりすることもあり得ます。

  (注)遺留分とは、被相続人が一定の相続人のために必ず残しておかなければならない遺産で、被相続人の意思の自由を制限するもの。遺留分の権利を持っているのは、兄弟姉妹以外の相続人で、直系の人と配偶者。

  このため、遺言のあるなしにかかわらず、相続人の調査は行ったほうが良いと思われます。

 当事務所では、相続人の調査についてもサポートいたしております。

お気軽にご相談ください。

サービス料金

基本料金表(税込み)
サービス内容サービス料金
 

 

ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

 

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

03-6794-9462

受付時間:9:30〜17:00
時間外・土日祝も可能な限り対応します

 お問合せはこちら

 お問合せはお気軽に

03-6794-9462

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

  運営事務所紹介

お問合せやご相談がございましたら、お気軽にお電話ください。メールでも受け付けております。

アミティエ行政書士事務所

03-6794-9462

〒167-0054
東京都杉並区松庵3-35-23

(業務エリア)
東京都内(新宿区・杉並区・中野区・渋谷区・品川区・港区等)・神奈川県・千葉県・埼玉県・全国対応可