会社設立(株式会社・合同会社)・創業支援(創業融資・契約書作成など)、許認可申請、相続・遺言・任意後見契約など。

入管ビザ・帰化申請、会社設立・創業支援、許認可申請、
相続・遺言・任意後見契約
ど、

アミティエ行政書士事務所
東京会社設立・創業サポート室

〒167-0054  東京都杉並区松庵3-35-23


受付時間:9:30~17:00(土日祝を除く)

※時間外・土日祝も可能な限り対応します。
 お気軽にご連絡ください。

『アミティエ』とはフランス語で『友情』の意味を表します。

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

03-6794-9462

融資 サービスの流れ

こちらでは、創業時の新創業融資と制度融資のサービスの流れについて説明させていただきます。どうぞご参考になさってください。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。

サービスの流れ

新創業融資と制度融資について、お問合せから手続きが完了するまでの流れをご説明いたします。

お問合せ・ご相談

お気軽にお問い合わせください

お電話、またはメールでご連絡をいただき、無料の面談を行います。

その後、面談を行い、詳しくご希望される内容を確認します。融資が受けれるかどうかの可能性について検討し、手続きを進める場合は、料金や必要な資料など、ご契約内容を案内いたします。

契約・料金のお支払い・業務の開始

お客さまとの対話を大切にします。

お客さまに提示したご契約内容に納得・合意していただいたら、ご契約の内容に従って、料金お支払いなどの手続きをお願いします。

上記の手続き後、業務開始となります。

当サポート室では、融資を受けることを前提に全力で支援いたします。 しかし、融資が受けれることを保証するものではありません。ご理解くださるようお願いします。

金融機関へのお申込み前の事前準備

正確でわかりやすいことを心がけます

・自己資金の確認・準備            ⇒創業資金の3分の1以上あればベターです。

・事業計画書作成・決算書の準備        ⇒創業の場合は、事業内容・予定取引先・必要な資金と調達方法・   見通しなどの記載した事業計画書、事業を始めたばかりの方の場合は決算書を提出します。

当サポート室では、お客さまのご事情に応じて、詳細な事業計画書を作成いた  します。

金融機関へのお申し込み

お客さまの手を煩わせません

日本政策金融公庫の新創業融資の場合は、お申込から融資まで、最低でも2週間程度かかります。特に創業の場合は金融機関の確認期間が長くなる傾向にあるため 、早やめの申請が必要です。

金融機関との面談

お客さまが直接面談します

金融機関からお客さまに対して、資金の使い道や事業の計画について確認されます。

また、金融機関が貴社への訪問を希望されることもあります。

融資決定

融資が決まると、借用書・契約書・その他の書類が送付され、その手続きが完了すると、ご指定の口座に振り込まれます。

なお、このの時点で、追加料金があればお客にてお支払いをしていただきます。返金するべき料金があれば、当サポート室からお客さまに対して返金をします。

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

03-6794-9462

受付時間:9:30〜17:00
時間外・土日祝も可能な限り対応します

 お問合せはこちら

 お問合せはお気軽に

03-6794-9462

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

  運営事務所紹介

お問合せやご相談がございましたら、お気軽にお電話ください。メールでも受け付けております。

アミティエ行政書士事務所

03-6794-9462

〒167-0054
東京都杉並区松庵3-35-23

(業務エリア)
東京都内(新宿区・杉並区・中野区・渋谷区・品川区・港区等)・神奈川県・千葉県・埼玉県・全国対応可